読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

frantic87's diary

書きたいときに、書きたいから書く

インターネットにも陶片追放が欲しい 医療・健康系がとくにひどい 修正されることなく、放置されたままの情報の残骸がそこかしこに漂っている キーワード汚染で、ろくに検索にひっかからないページもあるし

会話のゴール

人に教えるときや、叱るときは予めゴールを設定しておかないと不毛 というか、終着点から逆算して相手に伝える内容、伝え方を組み立てていかないと目標を達成できない

解の探索

人間が科学で探索している範囲は狭い 個別に手探りで進めているので、漏れもあるしまだまだ届いていない領域もたくさんある 人間に科学は向いていないのでは、と思う

人と接しない生活を続けていたら会話の仕方を忘れた 頭の回転も知らず知らずのうちに悪くなった気がする 恒常的にアウトプットしていないと衰えるのかも

現状に満足していると成長が止まる。ちょっと成果を上げたり、肩書きが付いただけで、振る舞いが変わる人は、「その程度の人」なんだなと思うようにしている。

枯れた技術

遠回りかも知れないけれど、いわゆる枯れた技術を身に付けるのが確実な方法かもしれない。 ただ、枯れた技術の持ち主が少ないのが問題。教わる相手を見つけたら離さないようにしなくては。

論文

体系的に読み進めていかないと、あんまり理解が進んだ気がしないし、実際そうなんだろう 検索して気になった記事を読む、という作業をしばらく続けていたが、読む能力は付いたかもしれないけれど、その分野についての理解はあまり進んでいない。 それに単発…

「PならばQ」「Pでない」が真ならば、「Qではない」が導ける これは演繹であり、論理学的に正しい。「昨日まで毎日太陽は東から昇った」から「明日も太陽は東から昇るだろう」を導くのは帰納。これには論理的学な正しさはない。。たとえば、太陽が夜の間に急…

医療はエンジニアリング、医学はサイエンスって感じ 前者は仕組みは分からなくても結果がうまくいけばOK。後者はなぜそうなっているのか追求していく立場。

部下や後輩と楽しく会話できるのは当たり前。 向こうが気を使って、こちらを立ててくれているのだから。基本的に相手をしてくれるし、こちらの話を遮るようなことはふつうされない。 立場が対等な人、目上の人と楽しく会話できますか? 太鼓持ちばかり身の回…

思考機械

人工知能にやってもらいたいことは沢山ある 自動運転、監視カメラのチェック(万引き発見とか)、在庫管理 役所に提出する書類作成、部屋のレイアウト提案による動線の最適化、今日の晩ごはんのサジェスト、ブログ用文章の自動生成(人間が手直しして投稿す…

リカバリ

失敗しても次があれば、気軽に挑戦できる もう後がないという状況では保守的になってあまり良くない。貧すれば鈍する。 それと、上手く行かなかったとき用のプランBがあるとなお良い。

メモリ不足

情報量を落とさないと思考できない 二次元なら図に描いて処理できても、三次元以上になると途端に計算できなくなる

環境収容力

環境が改善して、居住性とか食料生産が増加すれば、それだけ人口は増えていく。 食糧援助をしても、それだけ貧困地域の人口が増えれば”恵まれない子供”は一定割合で生まれてしまう。害獣駆除や野良猫が増えてしまう問題も、いかに数を増やさないかが大事なん…

マーケットプレイスで定価1000円に満たない雑誌の値段が、1万円以上に高騰していることがあるのだけど、これもアルゴリズムか? www.amazon.co.jp

科学哲学

仮説モデルの妥当性って実験以外でどう保証されるのだろう 分野にもよるけれど、ある推論や結論を導き出したときの「論理とか思考の正しさ」ってのはどこで保証されるのだろうか。 人文系に限らず、理工学系の科学理論だって突き詰めれば人間が頭の中で作り…

やってみないと分からない

一度実際に手を動かして始めから終わりまで経験してみないことには、まともにアイデアさえ出せない

意識高い系に倣って、「自意識高い系」というタームを流行らせたい 周囲の反応をチラチラ伺ってSNSに投稿するような人たち

どうでもいい仕事に時間と体力を削られて、自分を見失っている感がある やりたいことの優先順位を上げて無理にでも実行に移さないと、「時間ができたときにする」機会はいつまで経ってもない

巷に溢れるビジネスマナー、部族の風習と読み替えるとストレスフリー

ランキング

「この○○がすごい!」とか「××人に聞きました」みたいなアンケート形式のランキングってあるじゃないですか ああいうので紹介されているのを見ると興がそがれます

時間がないのだけは、まずい お金、友人、経験いずれもも時間さえあれば得ることができる。 貧乏暇無しというのが将来の展望のない袋小路だ。

複雑な状況に対応するには、シンプルなやり方が一番

計算容量

頭の回転が速い人間よりも、いつまでも同じ問題について考え続けられる人間が最終的には深い理解にたどり着く 多少計算が遅くたって、時間をかければ同じ思考の道筋を辿ることはできる。思考の貯金みたいなものが、自然と貯まっていく。

議論で解決が得られるという願望 話し合ったって解が見つかるとは限らない

社会滅びろって1日に1回は心のなかで唱えている

知り合いが見ているSNS上で何かを書くときは、この文章をその人が読んだらどう思うだろうか、刺激しないためにはどういう言い回しをしようか、この内容は書けないな、みたいな余計な面倒が生じる。正直とてもめんどくさい。 そういった社会的コストを支払わ…

計画の段階で結果は半分決まっていると考えた方が気が楽だ どのように行うかが正否に与える影響は、そんなに大きくないのではないか 宝探しで言えば、どこを掘るかが一番重要で、間違ったポイントをいくら掘っても宝物は見つからない

与えられた設問に応えるよりも、どんな質問をするかにその人のレベルが現れるのだなぁ

飲み会翌朝のこの死にたくなる感じはなんなのだろう

英語を読むことだけ慣れすぎて喋ったり書いたりするときに単語レベルだけ英語に置き換えた表現になるの、表層でしか英語を使えてない感がぱない。 英語で考えられるようになりたい。

数学

今までの数学教育だと高校までの代数学のカリキュラムってだいたいこんな感じのはず 小学校:四則演算、小数・分数(有理数)、比例・反比例 中学校:負の数、文字式、方程式、関数(1次、2次)、因数分解、平方根(無理数) 高校:関数(3次~、三角関数…

ボトルネック

人間であることがボトルネックかも 「視聴者の皆さんに申し訳ない。李九段の敗着(敗因となった石の置き方)が分からない。人間の目で見ると、『アルファ碁』はミスばかりしていた。今までの理論で解説すると、『アルファ碁』の囲碁は答えが出ない」 www.cho…

科学

人間が直感的に理解できないものは科学足り得るのか 囲碁でAIが人間に勝利したみたいですね。囲碁はぜんぜん打ったことないんで、詳しいとこは分からないんですが、経験者から見ても「なぜその手を打つのか」あるいは「直感的に好手かどうか」が分からない手…

予備戦力

ガルパンはいいぞ。 ラスト5分間の攻防は手に汗握りましたね。 ギリギリまで待機していたセンチュリオンが実は一番の撃破数(10両?)を稼いでいました。そしておそらく単騎では一番強い。 ここぞという時に局面をひっくり返す力があるということ、強いから…

人類には数学向いていないんじゃないかと思う。 人間の脳って、そもそも原理原則に基いて計算するようにできていない気がする。抽象化するような、どちらかというと帰納的な方面に向いている。

医療×機械学習はよ。 まずは画像診断と血液検査から。測定の時点で得られたデータをコンピュータがそのまま処理して、結果の評価までやってしまえば良い。CT・MRIの全検索とかの力技も機械なら可能。データを蓄積していけば、過去の症例との比較もできる。学…

考えている間はすごく楽しいのだけど、それを人に説明しようとすると途端につまらなくなる 今まで考えもしなかったことを思いついたときが一番楽しい。人に説明するためにもう一度同じ思考を辿っても、初めてのときの快感は再現できない

昔に比べて頭が悪くなったといつも思ってるけれど、最近は単純計算のスピードや記憶力が落ちてきているのが分かってヤバいなと感じる。

二重管理はだめ

データは一元管理できるようにしないと、混乱のもと。 紙とデジタルなどデータの在り処が分散していると、訳がわからなくなる。マスターの置き場所をはっきり決めておかないと…。 けれど、電子データで管理するためにいちいち手打ちする、というのも何か変な…

理解のボトルネック

英語の文章を読むことが増えてきた。一口に英語の文章と言っても、読める文章と読めない文章がある。論説的な文章は読めるが、小説やくだけた文章は無理だ。新聞記事はなんとか読める。 読解力の半分以上は文脈を把握する能力だ。言っていることの流れが分か…

ルール

いわゆる偏差値の低い学校、荒れている学校ほど校則が多く、罰則も厳しい。ルールで縛り付けなければダメな人間が集まっているといるからだ。進学校になるほど校則はゆるくなる。 ルールは無能な人間に合わせて作られる。一定の割合で無能な人間はいるから、…

amatenの旨味がすっかりなくなってしまった 知名度が上がって、売り手市場になっている

動線

ゴミ箱は、座っているなら手の届く範囲に、立っているスペースなら3歩以内の距離に欲しい。 頻繁に使うものほど、動線の集中している場所の近くに置くべき。

スクリーニングの悪

ルーチンワークで一通りの検査をしていると頭が悪くなりそう。調べたい項目があって検査をするのであって、検査をしたら悪い項目が見つかったというのは頭の悪いやり方だ。少なくとも自分の頭で考える習慣が身につかない。

正論

正論をふりかざしている人には注意した方がいい。 「あいつは気に入らない」というだけのことを、もっともらしく飾っているだけの人の場合がある。相手のいないところで正論を説いているときは要注意。

メモを取れなくなったら終わり

メモを取れなくなったら成長の終わりだ。

陰口

どこでどう巡ったのか定かではないが、伝聞で本人の元に届くことがある。あからさまな陰口はむしろ伝わりにくくて、何となく漏らしたその人へのネガティブな評価なんかが伝わっていることがある。 直接本人に問い質すわけにもいかないので、モヤモヤする。 …

免疫力

免疫力という言葉は日常でも広く使われているけれど、これの定義はあいまい。 感染症のかかりやすさを表す概念ではあるのだけど、「免疫力が落ちてる」とはどういう状態を表すのか一概には言い表せない。体力が落ちているとほぼ同義だろう。 免疫とは単一の…

とりあえず

とりあえず手が動き始める人、とりあえず返事ができる人は強い